Amazon転売(せどり)棚卸のやり方【確定申告用レポート ダウンロード手順書】

Amazon転売(せどり)の確定申告で避けて通れないのが商品の「棚卸」です。

棚卸とは、対象年度の期末時点で在庫がどれだけ残っているのかを明らかにする作業のことです。

本来であれば物販は前年度の12月31日に棚卸をする必要があるのですが、もし忘れてしまってもAmazonでは簡単に棚卸ができます。

この記事ではAmazonで商品の棚卸をするやり方を紹介します。

AmazonでFBA在庫を棚卸する方法

  1. Amazon seller centralにログイン
  2. メニュー内「レポート」の「フルフィルメント」をクリック
  3. 「在庫」の「表示を拡大…」をクリック
  4. 「在庫スナップショット(日次)」をクリック
  5. 「ダウンロード」タブに切り替える
  6. レポート期間を「日付」にし、開始と終了を対象年度の「12/31」にする
  7. 「ダウンロードのリクエスト」をクリック
  8. 「ダウンロード」をクリック
  9. ダウンロードされたtxtファイルを開く
  10. 全て選択してexcelに貼り付ける
  11. 各商品の仕入れ値を集計する

Amazon seller centralにログイン

メニュー内「レポート」の「フルフィルメント」をクリック

「在庫」の「表示を拡大…」をクリック

「在庫スナップショット(日次)」をクリック

「ダウンロード」タブに切り替える

レポート期間を「日付」にし、開始と終了を対象年度の「12/31」にする

「ダウンロードのリクエスト」をクリック

「ダウンロード」をクリック

ダウンロードされたtxtファイルを開く

全て選択してexcelに貼り付ける

Microsoft Excelがない場合、「Libre Office」という互換ソフトがおすすめです。

なお全選択などのショートカットは以下の通りです。

全選択

Windowsは「Ctrl + A」

Macは「command + A」

コピー

Windowsは「Ctrl + C」

Macは「command + C」

貼り付け

Windowsは「Ctrl + V」

Macは「command + V」

各商品の仕入れ値を集計する

仕入れ値のデータは事前に管理していない限り、自分で手打ちするしかありません。

数が多い場合、非常に面倒な作業になります。

そこでおすすめは次の方法です。

全在庫の仕入れ値を集計する方法

前提として出品時に「出品者SKU」という管理番号を振っておく必要があります。

関連記事

SKUは、Amazonで出品時に商品ごとにつけることのできる商品管理番号です(半角英数字で40字まで)。出品時に設定しないと、自動でランダムな文字列がつけられるため、あとで管理するのが大変になります。管理が大変ということは、[…]

このSKUの中に仕入れ値のデータを入れておきます。

私の場合「U-180509-BK-B123456789-Y500-R12345-BO」のように「-Y」の後に仕入れ値を入れています。

その仕入れ値だけExcel関数で抽出・集計します。

【例】

  • C列:出品者SKU
  • E列:数量
  • I列:仕入価格(SKUごとに集計)

I列に入れてあるExcel関数は

=IFERROR(MID(C2,FIND(“-Y”,C2,9)+2,FIND(“-“,C2,FIND(“-Y”,C2,9)+2)-FIND(“-Y”,C2,9)-2),0)*E2

です。

この関数の中身としては

  1. C2セル(出品者SKU)から「-Y」以降の仕入れ値だけを抽出する
  2. もし仕入れ値が抽出できなかったら「0」を返す
  3. 仕入れ値とE2セルの値(数量)を掛ける

というのを組んであります。

この関数をI列の下の方までコピーして、それを集計した金額が「期末商品棚卸高」になります。