個人事業主・フリーランスにおすすめのバーチャルオフィス3選【一等地&格安】

個人事業主・フリーランス

個人事業主・フリーランスをやっていて、バーチャルオフィスを借りたいけど、選び方がわからない・・・

おすすめのバーチャルオフィスを教えてほしい!

こういった疑問に答えます。

 

個人事業主・フリーランスだと仕事上、名刺やWebサイトに住所、電話番号などを記載する必要がありますが、個人情報を公開するのはさすがに気が進みませんよね?

そこでおすすめなのが「バーチャルオフィス」です。

私自身もフリーランスとして生計を立てており、バーチャルオフィスを利用しています。

今回は、個人事業主・フリーランスにおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

バーチャルオフィスとは?

無料のバーチャルオフィスはあるの?【全国を徹底調査】

バーチャルオフィスとは、自宅の住所を公開しなくてもいいように「自分だけの住所」をレンタルできるサービスです。

住所のレンタルのほか、以下のようなサービスも受けられることが多いです。

  • 郵便物受取・転送
  • 来客対応スタッフ常駐
  • 貸会議室・商談スペース
  • 電話番号転送 など

自宅住所や電話番号を公開することなく仕事ができるので、バーチャルオフィスは個人事業主・フリーランスにとって必須のサービスになりつつあります。

個人事業主がバーチャルオフィスを使うメリット3つ

3つ

個人事業主・フリーランスがバーチャルオフィスを使うメリットとしては、大きく3つあります。

  • 一等地の住所をレンタルできる
  • プライバシーを保護できる
  • 開業・法人登記ができる

一等地の住所をレンタルできる

バーチャルオフィスで借りられる住所の中には、一流企業がオフィスを構えるようなエリア、いわゆる「一等地」も含まれます。

そういった一等地の住所を名刺やWebサイトに載せることで、クライアントからの印象は間違いなく上がります。

信頼のできる事業者だ」と思われれば、大きな仕事につながるチャンスも増えます。

バーチャルオフィスは、一般的に信用の低い「個人」が手っ取り早く信用をゲットするには最適な手段と言えます。

プライバシーを保護できる

名刺やWebサイトに自宅住所などの個人情報を載せずに済むため、プライバシーを守ることができます。

特に女性の個人事業主・フリーランスはリスクがあるので、自分の身を守るためにバーチャルオフィスを利用する人が多くいます。

また、プライベートと仕事の住所を分けることで公私混同を防ぐこともできます。

開業・法人登記ができる

バーチャルオフィスの住所を使えば、個人事業主であれば開業、法人であれば法人登記が可能です。

マンションに住んでいる人は、法律や規約によりマンションの住所で開業や法人登記ができないケースもあります。

ですが、バーチャルオフィスを利用することでそういった問題を解決できます。

バーチャルオフィスの中には、法人登記のサポートを行ってくれる所も多いので安心です。

バーチャルオフィスの選び方【個人事業主向け】

バーチャルオフィスの選び方【個人事業主向け】

個人事業主・フリーランスがバーチャルオフィスを選ぶ際のポイントとしては、以下の4点が挙げられます。

  • 料金は良心的か?
  • サービスは充実しているか?
  • 過去に問題のあった住所ではないか?
  • 自分の目で確かめられるか?

安いバーチャルオフィスは探せばいくらでもありますが、料金とサービスのバランスが取れているところは意外と少ないです。(郵便物を転送してくれない、サポートが適当など)

あまりに格安のバーチャルオフィスは、過去に犯罪や事件があった物件のために安く提供できている可能性もあるので注意が必要です。

こういった意味でも、やはり実際にバーチャルオフィスを自分の目で見て、雰囲気を確認できるところの方がいいと思います。

自宅からなるべく近いバーチャルオフィスを選べば、そういった心配も少なくなります。

個人事業主・フリーランスにおすすめのバーチャルオフィス3選

せどり・Amazon出品に最適なバーチャルオフィスの選び方

私が徹底調査した結果、個人事業主・フリーランスに最適なおすすめのバーチャルオフィスを3つ紹介しておきます。

  1. Karigo(カリゴ)全国50ヶ所にオフィスがある(現在も拡大中)
  2. RESONANCE(レゾナンス)東京都の一等地
  3. digilabo(デジラボ)千葉県松戸駅前のコワーキングスペース

上記3つのバーチャルオフィスは、いずれも郵便物の転送、電話番号のレンタル・転送、法人登記が可能などの特長があります。

Karigo(カリゴ)【使い勝手バツグン】

Karigo(カリゴ)

  • 入会金:5,500円(税込)
  • 月額料金:3,300円/月(税込)

Karigo(カリゴ)は、全国50ヶ所に拠点があるバーチャルオフィスです(現在も拡大中)。

月額料金も月3,300円〜と良心的なうえ、サポート、サービスも充実しておりコスパが高いので最もおすすめです。

私も実際にKarigo(カリゴ)を利用していますが、とても使いやすいと感じています。

Karigo料金表

料金プランはいくつか用意されていますが、「ホワイトプラン」が一番安く使えるし機能も十分でおすすめです。

» 参考:Karigo(カリゴ)公式サイト

 

なお、Karigo(カリゴ)の評判・口コミについての記事はこちら。

関連記事

バーチャルオフィスを借りたい人バーチャルオフィスの「Karigo(カリゴ)」を借りようか検討しているんだけど、実際の評判・口コミを聞きたい!Karigo(カリゴ)の料金っていくらなの? デメリット・不便な点はないの?[…]

Karigo(カリゴ)

RESONACE(レゾナンス)【東京都の一等地】

RESONACE(レゾンナンス)

  • 入会金:5,500円(税込)
  • デポジット:1,000円(税込)
  • 月額料金:1,650円/月(税込)〜 ※キャンペーン価格!

RESONANCE(レゾナンス)は、東京都の浜松町・銀座・渋谷の3拠点があるバーチャルオフィスです。

住所に「東京都の一等地」を表記できるので、東京の中心部にある信頼性の高い会社であることをアピールできるのが大きなメリットです。

住所を一等地にすることでブランディングが可能となり、ライバルとの差別化に繋がります

月額料金は通常3,300円のところ、現在キャンペーン期間中でなんと月額1,650円で利用可能(1年払いコース)。

対応スタッフ常駐、郵便転送は月4回、法人登記もOK。

ただし、オフィスが東京都にしかないので、どちらかというと関東在住のひと向けです。

» 参考:RESONANCE(レゾナンス)公式サイト

 

RESONANCE(レゾナンス)についての記事はこちら。

関連記事

バーチャルオフィスを借りたい人バーチャルオフィスの「RESONANCE(レゾナンス)」を利用しようか検討している。申し込む前に、実際の評判・口コミを聞きたい!RESONANCE(レゾナンス)の料金っていくらな[…]

【コスパ最高】バーチャルオフィス「レゾナンス」の評判・口コミは実際どうなの?

digilabo(デジラボ)【千葉県の一等地】

digilabo(デジラボ)

  • 初期費用:2,200円(税込)
  • 月額料金:2,200円/月(税込)〜

digilabo(デジラボ)は、千葉県の松戸駅前から徒歩3分にあるバーチャルオフィスです。

元々はコワーキングスペースとして運営されており、ミーティングスペース、会議室などが利用できるうえ、フロントのスタッフ対応もしてくれます。

千葉県松戸駅前の一等地を住所として表記できるので、名刺やWebサイトに記載することでブランディングが可能です。

料金は安いですが、やはり自宅から近い方が安心なので、digilabo(デジラボ)も関東在住のひと向けです。

» 参考:digilabo(デジラボ)公式サイト

まとめ

Amazon特商法 個人情報をネットに載せない方法【バーチャルオフィス】

名刺やWebサイトに自宅住所、電話番号を載せたくない場合は「バーチャルオフィス」を利用しましょう。

  1. Karigo(カリゴ)全国50ヶ所。月3,300円〜
  2. RESONANCE(レゾナンス)東京都の浜松町・銀座・渋谷。月1,650円〜(キャンペーン中)
  3. digilabo(デジラボ)千葉県の松戸駅前の一等地。月2,200円〜

上記3つのサービスならどれも間違いないので、目的に合わせて選んでもらえたらと思います。

バーチャルオフィスは確定申告で経費にできるの?

バーチャルオフィスの利用料は確定申告で経費にできるのか?」についてですが、結論としては「経費にできます」。

詳しくは、以下の記事を読んでください。

関連記事

バーチャルオフィス利用者バーチャルオフィスの利用料は確定申告で経費にできるの?バーチャルオフィスの勘定科目・仕訳のやり方を教えてほしい!こういった疑問に答えます。 今回の記事[…]

バーチャルオフィスの勘定科目・仕訳のやり方【確定申告ガイド/実例つき】

最大の節税!青色申告65万控除を利用しよう

開業届」と「青色申告承認申請書」を事前に提出しておくと、確定申告のときに「最大65万円の特別控除」という特典を受けることができます。

丸々65万円分も節税できてかなりお得なので、なるべく早く申請を済ませておきましょう。

その際に便利なのが「開業freee」という無料サービスです。

必要な情報をアンケート形式の画面に入力するだけで、もろもろの開業書類が一括で自動作成されます。

» 参考:開業freee公式サイト

 

なお、開業freeeについての詳しい記事はこちら。

関連記事

開業したい人開業freeeを使って開業届を出したい・個人事業主になりたいけど、実際のところどうなの?本当にデメリットはないの?料金や評判、口コミを知りたい! この記事では、こういった[…]