無料のバーチャルオフィスはあるの?【全国を徹底調査】

バーチャルオフィスを借りたい人

バーチャルオフィスの利用を検討しているけど、なるべく費用を安く抑えたい。

無料で使えるバーチャルオフィスが理想だけど、そんなものあるの?

こういった疑問に答えます。

 

今回の記事では、

  • 無料のバーチャルオフィスはあるのか徹底調査
  • 格安バーチャルオフィスの注意点・デメリット
  • おすすめのバーチャルオフィス(東京・東京以外)

について解説します。

完全無料のバーチャルオフィスはあるの?【徹底調査】

完全無料のバーチャルオフィスはあるの?【徹底調査】

無料で利用可能なバーチャルオフィスはあるの?」についてですが、結論としては残念ながら「無い」です。

理由は、無料だと運営費用を回収できないからです。

バーチャルオフィス運営に際して、以下のようなサービスを提供するのが一般的です。

  • 住所貸し
  • 郵便物転送
  • 電話転送
  • 電話受付代行
  • 来客対応スタッフ
  • 会議室・商談スペース など

場所代のほか、電話・来客対応のためのスタッフの人件費、電話代、光熱費などバーチャルオフィスの運営費用は多くかかります。

そのため、バーチャルオフィスを無料で提供することは難しいと言えます。

無料はないが格安のバーチャルオフィスはある

無料はないが格安のバーチャルオフィスはある

無料は残念ながらありませんが、月額550円(税込)の格安バーチャルオフィスならあります。

例えば、以下の3つ。

  • グリーントラストサポート:札幌
  • オフィスゼロワン:東京
  • コワーキングスペースミナト:長崎

私が調査した限りだと、これらの「月額550円」がバーチャルオフィス最安値でした。

しかし、実はこれらの格安バーチャルオフィスはおすすめできません。

格安バーチャルオフィスの注意点・デメリット

格安バーチャルオフィスの注意点・デメリット

月額550円という格安でバーチャルオフィスを借りることは可能ですが、いくつか注意点・デメリットがあります。

  • アクセスが不便
  • 事故物件などのリスク
  • オプション料金がかかる

アクセスが不便

まず格安でバーチャルオフィス提供できている理由としては、最寄り駅から遠い・都市部から離れているなどアクセスが不便な場所にあることが多いです。

アクセスが不便な場所は、必然的に土地代・場所代が安く、バーチャルオフィス運営費用を抑えることができるからです。

いざという時に自分の借りたバーチャルオフィスにすぐに行けないと、本人受取の郵便物が届いたり、来客があったりしたときに困るかもしれません。

事故物件などのリスク

あまりに格安のバーチャルオフィスは、過去に犯罪や事件があった物件のために安く提供できている可能性もあるので注意が必要です。

例えば、あなたのクライアント・お客様がバーチャルオフィスの住所を調べたとして、過去に「詐欺組織の事務所」に使われていたと知ったら、それでもあなたから商品を買ってくれると思いますか?

格安の物件には、それなりの理由があることが多いです。

オプション料金がかかる

いくら月額550円と書いてあっても、基本的には「住所貸し」しかサービスに含まれていません。

郵便物転送・来客対応スタッフなど、まともなサービスを受けようとすると結局オプション料金がかかり高くついてしまいます。

例えば、東京の格安バーチャルオフィス「オフィスゼロワン」だと、郵便物転送サービスは月1,650円のオプション料金がかかります。(つまり、合計で月額2,200円)

であれば、次に紹介する「RESONANCE(レゾナンス)」の方が、「住所貸し(一等地)」「郵便物転送」「来客対応」すべて込みで月額1,650円(税込)なのでおすすめです。

おすすめのバーチャルオフィス「RESONACE(レゾナンス)」【東京都の一等地】

RESONACE(レゾンナンス)

  • 入会金:5,500円(税込)
  • デポジット:1,000円(税込)
  • 月額料金:1,650円/月(税込)〜 ※キャンペーン価格!

RESONANCE(レゾナンス)は、東京都の浜松町・銀座・渋谷の3拠点があるバーチャルオフィスです。

住所に「東京都の一等地」を表記できるので、東京の中心部にある信頼性の高い会社であることをアピールできるのが大きなメリットです。

住所を一等地にすることでブランディングが可能となり、ライバルとの差別化に繋がります

月額料金は通常3,300円のところ、現在キャンペーン期間中でなんと月額1,650円で利用可能(1年払いコース)。

対応スタッフ常駐、郵便転送は月4回、法人登記もOK。

 

RESONANCE(レゾナンス)についての記事はこちら。

関連記事

バーチャルオフィスを借りたい人バーチャルオフィスの「RESONANCE(レゾナンス)」を利用しようか検討している。申し込む前に、実際の評判・口コミを聞きたい!RESONANCE(レゾナンス)の料金っていくらな[…]

【コスパ最高】バーチャルオフィス「レゾナンス」の評判・口コミは実際どうなの?

東京以外のバーチャルオフィスは?

東京にお住まいであれば「RESONANCE(レゾナンス)」が一番お得ですが、その他の地域だと以下2つのバーチャルオフィスがおすすめです。

Karigo(カリゴ)【使い勝手バツグン】

Karigo(カリゴ)

  • 入会金:5,500円(税込)
  • 月額料金:3,300円/月(税込)

Karigo(カリゴ)は、全国50ヶ所に拠点があるバーチャルオフィスです(現在も拡大中)。

月額料金も月3,300円〜と良心的なうえ、サポート、サービスも充実しておりコスパが高いです。

私も実際にKarigo(カリゴ)を利用していますが、とても使いやすいと感じています。

Karigo料金表

料金プランはいくつか用意されていますが、「ホワイトプラン」が一番安く使えるし機能も十分でおすすめです。

» 参考:Karigo(カリゴ)公式サイト

 

なお、Karigo(カリゴ)の評判・口コミについての記事はこちら。

関連記事

バーチャルオフィスを借りたい人バーチャルオフィスの「Karigo(カリゴ)」を借りようか検討しているんだけど、実際の評判・口コミを聞きたい!Karigo(カリゴ)の料金っていくらなの? デメリット・不便な点はないの?[…]

Karigo(カリゴ)

digilabo(デジラボ)【千葉県の一等地】

digilabo(デジラボ)

  • 初期費用:2,200円(税込)
  • 月額料金:2,200円/月(税込)〜

digilabo(デジラボ)は、千葉県の松戸駅前から徒歩3分にあるバーチャルオフィスです。

元々はコワーキングスペースとして運営されており、ミーティングスペース、会議室などが利用できるうえ、フロントのスタッフ対応もしてくれます。

千葉県松戸駅前の一等地を住所として表記できるので、名刺やWebサイトに記載することでブランディングが可能です。

料金は安いですが、やはり自宅から近い方が安心なので、digilabo(デジラボ)は関東在住のひと向けです。

» 参考:digilabo(デジラボ)公式サイト

最後に

バーチャルオフィスの費用をなるべく安く抑えることは大切ですが、あまりに格安のものはデメリットの方が大きいので注意しましょう。

今回紹介した3つのバーチャルオフィスは、サービスも充実しており、コスパが高いのでおすすめです。

  1. RESONANCE(レゾナンス)東京都の浜松町・銀座・渋谷。月1,650円〜(キャンペーン中)
  2. Karigo(カリゴ)全国50ヶ所。月3,300円〜
  3. digilabo(デジラボ)千葉県の松戸駅前の一等地。月2,200円〜

上記3つならどれも間違いないので、目的に合わせて選んでもらえたらと思います。