【悪用厳禁】アマゾン・メルカリなどで複数アカウントをバレずに作成する方法

せどりで利用するサイトには色々ありますが、その多くは複数アカウントの作成を禁止しています。

  • Amazon
  • メルカリ
  • ハピタス
  • サンプル百貨店(ちょっプル) など

これらのサイトでは複数アカウントを作ることは規約で禁止されており、運営にバレた場合即アカウント停止になるうえ、二度とアカウントを作成できないなど厳しい措置が取られます。

これだけのリスクがありながらも、複数アカウント作成には様々なメリットがあります。

あなたは運営にバレずに複数アカウントが作成できたらいいのに・・・と思ったことはありませんか?

今回の記事では、運営にバレることなく複数アカウントを作成する禁断の方法を紹介します。

ただし、推奨はしませんので自己責任でお願いします。

複数アカウント作成のメリット

Amazonの場合

Amazonで複数アカウントを保持できると、アカウント停止のリスクを分散できます。

Amazonなどのプラットフォームでの物販全般に当てはまりますが、基本的には運営から目をつけられたり、少しでも規約に抵触する可能性があると問答無用でアカウントを停止されます。

Amazonでアカウント停止になると売上金の振込が一定期間止められます。

クレジットカードで資金を回している場合、支払いができなくなり最悪です。

こういったプラットフォームでのビジネスは、常にアカウント停止のリスクがあります。

そこで、複数アカウントを作ることができれば、仮に1つアカウントが潰されても別のアカウントがあるのでビジネスが止まることを防げます。

メルカリの場合

メルカリの出品者側として、複数アカウントで大量の商品を出品することで販売機会を増やせるというメリットがあります。

かつてメルカリのアカウント量産ツールが流行りましたが、運営が対策を講じたことにより量産ツールは使えなくなりました。

それ以降、規制が厳しくなり運営は不正アカウントに目を光らせています。

ハピタスの場合

ハピタスは「自己アフィリエイト」を利用できるポイントサイトです。

無料・有料の案件に申し込むことでポイントがもらえ、そのポイントを現金などに交換することができます。

案件のほとんどは1度きりしか申し込めませんが、複数アカウントを使うことで2回以上申し込むことができます

下の記事で紹介しているように、お試し品・サンプル品を買って転売できるうえにポイントもつくので美味しいです。

ハピタスについてはコチラの記事を参考にしてください。

関連記事

ネットビジネス初心者の方からのご相談でよくあるのが副業でネットビジネスを始めようと思っているのですが、あまりお金がありません。何から始めればよいでしょうか?というものです。こういったご相談には以下の2つを始めていただ[…]

サンプル百貨店(ちょっプル)の場合

サンプル百貨店(ちょっプル)は、お試し品・サンプル品を格安で買うことのできるサイトです。

安く仕入れができるので、電脳せどりの仕入先として利用できます。

ハピタスと同じくほとんどの案件は1度しか申し込めません。

ですが、複数アカウントを作成できれば複数回申し込めるので、そのぶん利益が増やせます。

サンプル百貨店(ちょっプル)については下の記事にまとめてあります。

関連記事

今回ご紹介するのは、電脳せどりでお試し品・サンプル品を仕入れて転売する手法になります。ポイントサイトの「ハピタス」でもお試し品・サンプル品の仕入れができますが、ハピタスには掲載されていない商品が多くあります。» 参考記事:自[…]

複数アカウントをバレずに作成する方法

上述したように複数アカウント作成には多くのメリットがあります。

複数アカウント作成に必要なものは

  • 別の電話番号
  • 別のIPアドレス
  • 別のMACアドレス

です。

運営がそこまで調べられるのか疑問に思われるかもしれませんが、目をつけられたらすぐにバレる可能性があります。

実際に、比較的に監視のゆるいサンプル百貨店(ちょっプル)でさえ、利用規約には次のように書いてあります。

当社は会員が本サービスを提供するウェブサイトへアクセスした場合等において、会員のブラウザから、IPアドレス、クッキーやウェブビーコン等を利用して、会員の広告やウェブサイトの閲覧履歴や閲覧状況、ご利用環境(オペレーティングシステム、ブラウザの種類を含みます)などの情報を自動的に取得します。

それぞれ細かく説明していきます。

電話番号

別の電話番号が必要な理由は、アカウント作成時にSMS認証をしなければいけないからです。

家族の携帯番号を借りるか、SMARTalkなど無料のIP電話を利用してください。

ウェブビーコン

ウェブビーコンというのは、あらかじめメールなどに埋め込んでおき、メールが開封された際にIPアドレスなどの情報を引っぱり出すことができるものです。

なので、事務局からのメールを開封するネットワーク環境を分ける必要があります。

IPアドレス

IPアドレスは、Wi-Fiなどのネットワークごとに割り振られる番号です。

アカウントにログインする際のネットワークは別のものを用意しなければいけません。

これを示す実例があります。

むかし、とある転売セミナーで、来場者の多くが会場のWi-Fiにつないだ状態でAmazonのアカウントにログインしたところ、その全員がアカウント停止になりました。

同一のIPアドレスと見なされ、不正行為だと判断されたようです。

IPアドレスを同一視されることを防ぐには、ポケットWi-Fiなど分けて使ってください。

MACアドレス

上の例に書いてある「ご利用環境」にはMACアドレスが含まれると考えられます。

MACアドレスは、PC・スマホなどの端末に割り振られた固有番号です。

MACアドレスの問題は、仮想PC(バーチャルマシン)を使うことで解決できます。

その他の注意点

「名前」に関しては、同姓同名もいるので登録名が同じでも問題ないと思われます(家族や親戚の名前を借りるのもありですが、まったくの偽名は法律的にアウトなのでやめましょう)。

あと注意が必要なのは「住所」ですが、一番いいのは実家や親戚の住所を借りることですが、できなければ表記を算用数字→漢数字に変えるなど工夫するとバレにくいです。

【例】1-15 → 一丁目十五番地