せどりの発送はAmazonに任せよう!FBAで自動化!

せどりに限らずネット物販をやる上で、必ず行わなければいけない作業のひとつに「商品の発送」があります。

お客様から注文が入ったら、商品を梱包して、送り先を書いて発送する。

もし商品にトラブルがあれば返品・返金の処理など対応する。

この一連の作業自体は単純ですが、取り扱い商品数が多くなるほど負担が大きくなります。

せどりをスタートしたばかりの方が、発送作業にストレスを感じてせどりをやめてしまっては元も子もありません。

特に副業でせどりをやっている方は限られた時間の中で作業をしなければいけないので、商品をひとつひとつ発送していては時間がまったく足りません。

それを解決する方法がAmazonが用意してくれたサービス「FBA」です。

今回はAmazonのFBAサービスについて説明していきます。

FBAとはどんなサービスなのか?

FBAの正式名称は「フルフィルメント by Amazon」です。

ECにおけるフルフィルメントとは、一般的に「入荷」、「検品」、「商品保管」、「受注」、「ピッキング」、「梱包」、「発送」、「返品」、「入金管理」などの一連の業務を指します。

FBAはこれらの業務をすべてAmazonが代行してくれるシステムです。

私たち出品者は商品に専用ラベルを貼り付けてAmazonの倉庫に送るだけです。

AmazonはFBA専用の倉庫を持っており、24時間365日年中無休でこれらの面倒くさい作業を行なってくれます。

料金は月額4,900円(税抜)+販売手数料、在庫保管料などがかかります。

FBAを利用するメリット

  1. 業務の効率化
  2. カート獲得に有利
  3. 顧客満足度の向上につながる

業務の効率化

Amazonにフルフィルメント作業を一任してしまえば、私たちはリサーチや仕入れなど他の作業に時間を充てることができます。

梱包、発送などの作業は直接利益を生むものではありません。

FBAを利用することで空いた時間を使って、利益を大きくする作業に集中しましょう。

カート獲得に有利

FBAを利用すると自分の出品商品の販売価格に「primeマーク」がつき、店舗名の右に「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」という表記も追加されます。

この2つの表記が加わることによってお客様からの信頼度が上がり、カート獲得にも有利になります。

(「カート獲得」とは商品ページで「カートに入れる」ボタンを押されたときに自分の商品が買われる状態のこと)

このため、FBAを利用すると自己発送のときと比べて3倍近く売れやすくなるとも言われています。

顧客満足度の向上につながる

商品が売れるとすぐにFBA倉庫で梱包、発送が行われ、購入者の手元に商品が到着するまでの時間が短縮されます。

専用のダンボールで素早く届くので、購入者からの評価が高くなります。

また、配送時のトラブルはすべてアマゾンが責任をとってくれます。

購入者からFBA配送が原因で悪い評価をつけられた場合も取り消すことが可能です。

FBAを利用する際の注意点

  • 手数料が高い
  • 梱包に緩衝材がない

FBAを利用する際の注意点

FBAを利用すると自己発送と比べて発送費用が高くなります。

月額4,900円、さらに商品ごとに販売手数料、販売代行手数料、在庫保管料、返品手数料などがかかります。

手数料がいくらかかるのかチェックする際はFBA料金シミュレーターを使ってください。

手数料が高い

Amazonで買い物をしたことがあればお分かりでしょうが、FBA商品は緩衝材を使わない最低限の梱包で届きます。

PC関連の精密機器など壊れやすいものも問答無用で簡易包装で送られます。

実際、私もこのことが原因で精密機器を買った購入者からクレームをもらったことがあります。

なおAmazonの規約では緩衝材で包んでからラベルを貼るのは規約違反です。

なので、壊れやすいものに関しては自己発送するのをおすすめします。

梱包に緩衝材がない

せどりで稼ぎたいならFBAは必ず利用してください。

利用料金はある程度かかってしまいますが、それをはるかに上回るメリットがあります。